ニキビ治療から学べること

ニキビは人によって様々な原因で起こるので対処を正しくやらないといけません。
便秘や胃腸の不調で起こるニキビの場合は、しっかりと対策を取れば治りやすいと思います。


私はストレスから胃腸の不調が起きてニキビが出来ました。

体の疲れを取る事と胃腸の調子を戻すことでニキビは改善されて、今ではニキビに悩まされることはありません。

ニキビは早期に直さないと悪化させてしまい、その後はニキビ跡にもなり大変ですので、まずは医師の診断を仰ぎ、治療をしながらニキビが出来てしまった生活の見直しをすることで、ニキビのない健康的な毎日を送ることができるようになります。

便秘や胃腸の不調からニキビが出来てしまった場合、便通の改善をまず考えます。便通が良くなるためには、食物繊維と運動と水分の摂取などが代表的な対策です。


運動と水分摂取は適度に取るということに気をつければそれでいいのですが、問題は食物繊維です。食物繊維は取れば便通が良くなるというようなものではなく、人によって合う合わないがあるようです。
ある人がにんじんの生ジュースで便秘が治ったからといって、別の人がにんじんの生ジュースを試してみても効果がなかったということはよくある話です。

自分に合う食物繊維を探すのが大変だったりします。


オリゴ糖や乳酸菌も合う合わないがあるようで、メーカーや種類によって聞き方に個人差があるようです。また、効果が出ていたものでも、しばらくすると効かなくなったりもしますから困ります。

試行錯誤をすることにはなると思いますが、複数の自分に合う食物繊維や乳酸菌の食べ物などを用意して、体が慣れてしまわないようにしないといけないようです。

こちらの為になる情報です。

体の不調は弱い部分に出てくるとよく言いますが、ニキビもそのひとつだと思います。

わかりやすい体のサインと思って、ニキビができたら体のケアを考える。

またニキビができないような生活習慣を持っていれば体も健康だと考えて、積極的に健康を意識した生活をするようにしたいところです。